お給料には様々な体系があることは多くの人が知っていることでしょう。

日給月給制とは一体何か

日給制のメリットとデメリットとは

お給料には様々な体系があることは多くの人が知っていることでしょう。その中でも日給制について焦点を当ててみます。これは1日を単位として金額を定め、出勤した日数に応じて賃金を支給する制度のことをいいます。月に働く日が多ければ多くのお給料がもらえますが、働いた日が少ない場合は当然もらえるお給料は少なくなります。また遅刻や早退があった場合でも、1日の支給額は変わらない会社は多いですが、この点は働いている会社の規定に従うことになっています。

ではこのような日給制のメリットはどこにあるのでしょうか。やはり一番のメリットはその手軽さではないでしょうか。働いた分だけが給与になるため、学生などが短期アルバイトしたときに手当としてもらうケースが多いようです。また先述したように遅刻や早退があっても1日の支給額が会社で働けば、時給制で働くよりも安定して働くことが出来るメリットもあります。逆にデメリットとしては給与が安定していないことでしょう。月給制のように祝日が多い月の場合は収入が減るケースがあるからです。

このようにメリットとデメリット双方がありますが、それぞれをきちんと把握して自分にあった働き方が出来るのがベストでしょう。

おすすめ情報