日給制度を取り入れている企業でよく見落とされてしまうことが有給休暇です。

日給月給制とは一体何か

日給労働者の有給休暇について

日給制度を取り入れている企業でよく見落とされてしまうことが有給休暇です。日給とは文字通り、1日出勤した日を給与発生日とすることですが、そういった考えから有給休暇は必要ないと考えている場合が多いと言えます。日給であっても、6ヶ月間継続して雇用している場合は、全労働日の8割以上出勤していることで10日の有給休暇を与えなければならないことになっています。注意しなければならないことは、これは法律で決まっているということです。

そして、さらに注意しなければならないことは、有給休暇であってもその日は出勤となるということです。つまり、日給であっても有給休暇を取得した日は給与が発生します。例えば、所定労働日数が20日あり、そのうちの2日間有給休暇を取得した場合、日給は20日でカウントする必要があります。これはとても重要なポイントです。有給休暇とは、まさに給与に支払われる休暇ということです。

ただし、通勤手当を支給している場合などは有給休暇を取得した日は発生しません。企業側は、こういったことをしっかり理解したうえで労働者を雇用しなければなりません。理解しておくことは、企業側の義務と言えるでしょう。また、労働者もしっかり勉強を行っておく必要があります。

おすすめ情報